VRギャラリー

VR Gallery : VR空間で名画を鑑賞(画像をクリックしてVRギャラリーページに移動)

会津高原の沼沢湖のほとり、木々の緑と花々に囲まれた丘の上は、妖精が本当に住んでいる土地のように思えます。  美術館はイギリスのマナー・ハウス様式で、尖塔やバルコニーがつき、内部は吹き抜けで天井が高く、中二階の回廊も展示できるという、ケンブリッジにあるフィッツ・ウィリアム美術館のような構造です。天野喜孝デザインのステンドグラス「妖精たちの月夜の共饗宴」ほか、妖精にまつわるアートや資料が展示されています。二階には温かく火の燃える暖炉を囲んで、何代にもわたって「フェアリー・テールズ」が語られていたヴィクトリア朝時代の居間が再現され、妖精が取換え児(チェンジング)をする「ゆりかご」、糸紡ぎ妖精ハベトロットやトム・チット・トットが使ったと思う「紡ぎ車」が置かれていて、館長の井村君江氏による「妖精の国」のビデオ上映(15分)も興味深い。  例年4月から11月という限られた期間、企画展が開催。 2022年の企画展は、「サロメ幻想 〜ワイルド、ビアズリーから現代作家まで」 オスカー・ワイルドの「サロメ」をキーワードに、うつのみや妖精ミュージアムの貴重な資料の展示とともに21人の現代作家によるサロメをテーマとして作品の競演。 マンタム氏による空間造形で、ここでしか見ることのできない空間が展開されている。 ◎参加作家(50音順) 愛実 Ayumi、大木美津江、小笠原勝、妃 耶八、木村龍、小峰恵子、相良つつじ、さちこ、JUMPEI TAINAKA、多賀新、T.T.Angie、戸田和子、二階健、衣、林美登利、マンタム、三浦悦子、村田英子、森園みるく、山下昇平、山村俊雄 ◎会期 2022年4月29日(金)〜11月10日(木) ◎場所 金山町妖精美術館 https://www.town.kaneyama.fukushima.jp/site/kanko/museum.html
特に盆栽好きでもなく詳しくありませんが、平日の昼間にふらっと訪問してみました。 平日昼間とあって他にお客さんはいませんでしたが、スタッフの方が5〜7人程それぞれに作業をされており、入館するとその中の一人が受付をし、そのまま30分ほど館内をぐるっと案内して下さいました。 前提知識がなかったため、盆栽の種類、賞を取った盆栽、お値段など詳しい説明をしていただくことができ、大変勉強になりました。 広い館内は盆栽が所狭しと並んでいる庭園部分と長い縁側と幾つかの和室からなる母屋で構成されていました。 庭園には黒松、真柏(シンパク)、皐月(サツキ)、梅、もみじ、など数え切れいないほどの盆栽が並んでおり、中には「内閣総理大臣賞」を受賞した盆栽もあり圧巻でした。 また、盆栽の多くは販売もされているようで数万〜1億円(以上?)で購入もできるようです。 (個人的な感想では数十万でかなり良い盆栽が購入できる印象でした。) 母屋には幾つかの和室があり、各和室の床の間に盆栽と掛け軸が美しく飾られています。 長時間室内に盆栽を置いておけないため、置かれている盆栽は毎日入れ替えをしているようです。 どの部屋も落ち着いた美しさがあり、縁側から眺める庭園も素晴らしいものでした。 国内外から毎年多くの方が訪れるようで、母屋の入り口には有名人の写真が幾つも飾られており、中でもAMAZON創業者のジェフ・ベソス氏の写真が印象的でした。 最後にはお茶とお土産の小さな苗木を頂き1時間ちょっとで見終わることができました。 盆栽はもちろん日本の美を感じることのできる素晴らしい空間のため、一度行って損はないと断言できる美術館でした。
東京駅から徒歩5分の好立地で展示・建物・中庭とすべての要素が魅力的な美術館です。 企画展は年3回で19世紀後半から20世紀前半の近代美術を中心に開催しているようです。 西洋美術、日本美術、服飾、など様々なジャンルで人気どころを抑えた企画展を開催している印象。最近では「三菱創業150周年記念 三菱の至宝展」「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜 ― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」が個人的なイチ押しでした! 建物は1894年に建設された赤煉瓦の建物を復元したもので、歴史と風格があり、展示と合わせて建物も十分に楽しむことができます。 お洒落なカフェが併設されていますが、こちらは行ったことがないので次回行ってみたいと思います。 最後に中庭(中庭と言っても美術館外の広場ですが)。 樹々、噴水、季節の花々と緑に囲まれた憩いの空間になっており、周りはショップ、レストラン等に囲まれています。美術館の入館者だけでなく、丸の内に来ている多くの方々が休息や食事の場として利用されていて、私も何度もテラス席での食事を楽しんでいます。 立地も良く総合的な満足度が非常に高い美術館で、私も何度も訪問しています。 お買い物や仕事帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

山口県周南市大字富田字永源

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


愛知県稲沢市稲沢町前田365番地8

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


京都府京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


東京都立川市緑町3173番地 国営昭和記念公園 花みどり文化センター内

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


佐賀県唐津市北城内6-5

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


石川県七尾市能登島向田町125-10

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


阿弥陀如来

根津美術館

2022年05月28日〜2022年07月03日

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


建物公開2022 アール・デコの貴重書

東京都庭園美術館

2022年04月23日〜2022年06月12日

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


ガブリエル・シャネル展  Manifeste de mode (仮)

三菱一号館美術館

2022年06月18日〜2022年09月25日

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


Chim↑Pom展:ハッピースプリング

森美術館

2022年02月18日〜2022年05月29日

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0


新しいエコロジーとアート

東京藝術大学大学美術館

2022年05月28日〜2022年06月26日

kuchikomi_icon

0

picture_icon

0